Couchbase Server2.1が登場

パフォーマンスとスケーラビリティがさらに向上

Mountain View, Calif.  June 26, 2013  2013年6月26日、Couchbase社(NoSQLデータベース技術のリーダの1つであり、the Couchbase open source projectを支援している) は最新版のCouchbase Server2.1の提供を開始しました。Couchbase Server2.1では、ディスク処理時のレイテンシの改善、モニタリング機能及びマネジメント機能の追加を行いました。これにより、従来からの強みであるスケーラビリティ、パフォーマンス、無停止稼働に関する信頼性がさらに向上しました。

Couchbase Server2.1機能紹介
  • Highlights of the new release include:
    • 永続化エンジンがマルチスレッド化されました。これによりディスク処理が劇的に改善しました。
      Couchbase Serverからより高いパフォーマンスを引き出せるようになり、Couchbase Serverの適用範囲が広がります。新たに設計された永続化エンジンでは、資源の利用効率も向上します。この効果は、安価なハードウェア、高価なハードウェアを問わず期待できます。
    • クロスデータセンタレプリケーション(XDCR)の最適化を行いました。これによりクラスタ間のデータ操作に関するレイテンシが改善されます。

    • 管理機能の強化・改善を行いました。
      • 完全に新しくなったヘルスチェックツールにより、診断機能とモニタリング機能が強化されます。
      • 管理機能から、ホスト名とIPアドレスのマネジメントが可能になりました。これはクラウド開発におけるインストールとマネジメントを単純化します。
      • 管理用WebコンソールのUIを改善しました。例えばリバランス処理中のプログレス表示や、進行中の管理タスクの詳細な視覚化などです。
    • その他、全般的なパフォーマンスと信頼性の改善を行いました。
  • 2.1のリリースと合わせて、Couchbase社は新しいユーザコミュニティポータルを立ち上げました(英語版)。これは技術的な内容の提供とCouchbaseユーザ間の知識の共有に焦点をあてたサービスです。このポータルは、開発者のための使用言語に対応したセクションと、Couchbaseの運用・管理のためのセクションを設けています。さらに、新しいインタラクティブなQ&Aアプリケーションが提供されます。これは、これまでのコミュニティベースのサポートであったCouchbaseフォーラムを新たに置き換えるものです。

Supporting Quotes

  • 「我々は継続してCouchbase Serverにおけるコアアーキテクチャの強化と最適化に投資し、NoSQLソリューションとしてのCouchbase Serverの差別化をさらに図ります。これにより我が社の顧客やエンドユーザに、スケーラビリティに関するより一層の信頼性を提供します。Couchbase Server 2.1では、マルチスレッド化された永続性エンジンにより、劇的なディスク読み込み・書き込み性能を顧客に提供し、(Couchbase Serverを利用する)アプリケーションの規模や適用範囲の拡大に応えます。」と、Couchbaseのプロダクト担当シニアバイスプレジデントのヤシーン・ラヒムは述べています。

Additional Resources

About Couchbase Server

Couchbase Server NoSQL document-oriented database technology is optimized for the data management needs of interactive web and mobile applications. Web application developers and operators rely on Couchbase Server for:

  • Easy Scalability: It’s easy to scale the data tier with Couchbase Server without any interruption or change to an application. With one click of a button, users can expand a cluster up to hundreds of servers, automatically keeping the workload evenly distributed among them.
  • Consistent High Performance: With consistent sub-millisecond response time, Couchbase Server helps ensure a positive experience for application users. Couchbase Server’s high throughput means fewer servers are required to serve growing numbers of application users.
  • Always-on Availability: Couchbase Server’s high availability features means applications are always online, 24x365. Whether upgrading the database, system software or hardware – or recovering from a disaster – Couchbase Server allows you to do so with zero downtime.
  • Flexible Data Model: Couchbase Server leverages a JSON document model, eliminating the need to create and manage schemas, thereby dramatically reducing the complexity and time required when making changes to an application.

About Couchbase

Couchbase is a leading provider of NoSQL database technology and the company behind the Couchbase open source project. Couchbase Server, the company’s flagship product, is a NoSQL document-oriented database with production deployments at AOL, Cisco, Concur, LinkedIn, Orbitz, Salesforce.com, Shuffle Master, Zynga and hundreds of other household names worldwide. It is particularly well suited for web and mobile applications, providing easy scalability, consistent high performance, 24x365 availability, and a flexible data model for ease of development. Couchbase is headquartered in Silicon Valley, and is funded by Accel Partners, Ignition Partners, Mayfield Fund, and North Bridge Venture Partners.

About Couchbase Open Source Project

The Couchbase Open Source Project is a leading NoSQL database project, with a vibrant community focused on developing distributed database technology that supports both key-value and document-oriented use cases. All Couchbase technology components are available under the Apache 2.0 License, and may also be obtained as packaged software from Couchbase, Inc. in both enterprise and community editions.